よもぎHOME >>  病気一覧 >>  胃癌  >>  胃がんの進行状況と治療

ダイエット


胃がんの進行状況と治療

内視鏡治療

分化型でリンパ節転移の無い早期胃癌と診断される病変に対し、EMR・ESDといった内視鏡治療が広く行われてきている。

EMR・・内視鏡的粘膜切除術(ないしきょうてきねんまくせつじょじゅつ胃の腫瘍は開腹手術により外
          科的に切除されてきた。
          しかし、胃の機能を失い、ダンピング症候群などの術後合併症を伴なう可能性があったため、
          早期胃癌では胃の機能を損なわないように腫瘍だけを切除する治療法が求められていた。
          そこで開発された治療法が、内視鏡と切除用のスネアを使用したEMRである。

ESD・・内視鏡的粘膜下層剥離術(ないしきょうてきねんまくかそうはくりじゅつESDでは切除範囲が限
          定され、大きな腫瘍に対しては分割して切除が行われていたため、より広範囲の病変切除が
          可能な方法として開発されたのが、ESDである。



手術治療

以前より、根治術として外科的手術は根幹を成しており、胃切除術+リンパ節郭清が根治術の基本である。
また、癌の進行が進んでいると術前診断がなされれば、大網・脾臓・胆嚢といった周囲他臓器合併切除を行う拡大手術が行われる。



化学療法

胃癌に対する化学療法は、術後の補助治療や、術後再発、全身転移・周囲浸潤を生じ手術的加療による根治が困難な場合に施行される。
化学療法は以下の種類があり、組み合わせによって様々な「レジメ」が提唱されている。 ・ S-1 ・ CDDP(シスプラチン) ・ CPT-11(イリノテカン) ・ パクリタキセル・ メソトレキセート等 ・ 5-FU ・ UFT



放射線治療

腺癌が多いため、放射線療法は多くは行われない。
術後病変に対する治療や、未承認治療法として術中照射(intraoperative radiation therapy)が手術の補助として有効かどうか研究されている。 



生物学的療法(免疫療法)

生物学的療法(免疫療法とも呼ばれる)は身体の免疫が癌細胞を攻撃するのを補助する治療法であり、他の治療法の副作用から回復させる補助としても施されることがある。
未承認治療法として他の治療法と併用して、再発癌の防止する生物学的治療法研究が医者によって進められている。
別の生物学的治療法として、化学療法中あるいは治療後に(白血球など)血球が減少した患者に、コロニー刺激因子などを投与して、血球数レベルの回復の手助けをすることがある。 ある種の生物学的治療法を受ける患者は入院が必要な場合がある。



 
カテゴリ  胃腸
トピックス  胃腸って何? ・ 便秘症 ・ 胃潰瘍 ・ 胃癌
詳細 胃潰瘍の種類と治療 ・ 胃癌の進行除去うと治療

▲トップに戻る

<< 病気一覧に戻る

よもぎとは? /よもぎの由来 /よもぎの歴史 /よもぎの逸話 /よもぎの効能 /よもぎの成分 /よもぎ蒸し /よもぎで美容効果 /よもぎでアロマ効果 /よもぎでお灸 /よもぎでアトピー改善 /卵を進化させる発酵よもぎ /薬草の会(村上先生講演会) /現代人がかかりがちな病気一覧