よもぎHOME >>  病気一覧 >>  貧血  >>  貧血の種類と治療

ダイエット


貧血の種類と治療

鉄欠乏性貧血

生活環境や潰瘍や腫瘍による慢性的な消化管出血、成長期や月経などの原因により体内でヘモグロビンの合成に不可欠な鉄が欠乏する事でヘモグロビンの合成が十分に行われないために生する貧血で、貧血の原因として最も多い病気です。
症状として動悸・息切れ・疲労感・全身倦怠感などが見られます。
不足している鉄分や、鉄分の吸収を促進させるビタミンC、正常な赤血球を造るために必要な葉酸やビタミンB12をバランスよく摂取する事で多くの場合貧血の症状は改善されます。
しかし、慢性的な出血などが原因のような2次的に発生している場合は貧血の症状が再発する傾向にある為、合わせて患部の治療も行う必要があります。



再生不良性貧血

再生不良性貧血は貧血の中で最も治りにくく、そのため厚生労働省で1972年に再生不良性貧血を特定疾患(難病)に指定しています。
日本での患者推移は約11,000人とされており、諸外国に比べると有病率は世界で最も高いと言われています。
すべての血球は骨髄で造血幹細胞がさかんに分裂増殖を繰り返し、そこにさまざまな造血因子が働きかけることで、あるものは赤血球に、あるものは白血球に、またあるものは血小板へと姿を変えていきます。
再生不良性貧血は、この造血幹細胞に異常が発生する事で発症する為赤血球だけでなく、白血球も血小板もすべての血球が減少してしまうのです。
すべての血球が減少する事で様々な症状がおきます。
赤血球の減少で動悸・息切れ・疲労感・全身倦怠感が起こります。
また、白血球は細菌を殺したりウィルス感染を防ぐ働きがある為に減少する事で免疫力が著しく低下し、肺炎や敗血症のような重症の細菌感染症になりやすくなります。
血小板は出血を止める働きをしているので、その減少によって出血しやすくなります。 よく見られるのは皮膚の点状出血や紫斑です。
それ以外に鼻出血・歯肉出血や、血小板減少がひどくなると脳出血・血尿・下血なども起こります。
再生不良性貧血は生まれつき遺伝子の異常があって起こる場合もありますがその数はまれで、ほとんどのケースは造血幹細胞が何らかの原因で傷害されるなどして後天的に発病します。
80%の例は原因不明で、残りは薬剤・薬物、放射線、ウイルスが原因として疑われています。
治療法としては、1.免疫抑制療法、2.骨髄移植、3.蛋白同化ステロイド療法、4.支持療法があり、特発性でも二次性でもいったん発症すると治療は同じです。
また、血液中の血球量でstage1〜5に分類され治療方も変わっていきます。
早期段階で的確な治療を行う事で8割以上の患者さんが輸血不要となるまで改善します。
しかし、G-CSFを投与しても好中球が0のままで全く増えない最重症例では、早期に骨髄移植を行わなければ感染症のため死亡する確率が高いのが現状です。
発見が遅れる事で感染症に発展する可能性が高まりますので、疑いがある場合はかかりつけの医師、もしくは専門医師のいる病院に相談する事をお勧めします。



巨赤芽球性貧血

赤芽球癆が再生不良性貧血と同様に造血幹細胞の異常によって起こる為、再生不良性貧血の一種に分類されます。
巨赤牙球性貧血の特徴として、すべての血球(赤血球・白血球・血小板)が正常値より下回る再生不良性貧血に対して巨赤牙球性貧血は赤血球の数値が減少する点です。
ビタミンB12と葉酸が不足する事で、赤血球をうまく作る事が出来ず巨赤牙球性貧血となるのです。
症状は動悸・息切れ・めまいや軽い黄疸、舌が荒れたり、赤くつるつるして痛みを伴う舌炎などがみられます。 巨赤牙球性貧血の治療は基本的に、欠乏しているビタミンB12や葉酸を注射や薬の内服によって補います。
しかし、普通に食事をとっている状態でビタミンB12と葉酸が著しく不足する事はあまりない為にそれぞれの吸収を妨げるような病気などがある事が考えられ、その原因を治療する事が必要です。
ビタミンB12が欠乏している場合には萎縮性胃炎などが考えられます。
また、葉酸が欠乏する原因として、妊娠や悪性腫瘍、アルコールを大量摂取している場合も葉酸が不足しがちになります。



溶血性貧血

溶血性貧血とは体内における赤血球の寿命が短くなって起きる貧血です。
正常な赤血球はおよそ120日の寿命ですが、その寿命が10日程までに短くなったり、血管や組織内で赤血球が破壊され足りして起こります。
要血性貧血の症状は赤血球が破壊されてできたビリルビンという黄色い色素が血液中に増えることで、手や足の皮膚、白目などが黄色くなる黄疸が現れたり、脾臓で処理する赤血球の量が増える為に脾臓が腫れる脾腫事も多く、ビリルビン結石という胆石もしばしば見られるのが特徴です。
また、鉄欠乏性貧血と同様に動悸・息切れ・めまいなどが起こります。 細菌感染、何らかの毒素、血漿浸透圧の極度の低下、アレルギー(抗原抗体反応)によるものなどが原因とされています。
症状が比較的軽度である場合、タンパク同化ホルモン(男性ホルモン)を投与する事で腎臓に作用して造血因子であるエリスロポエチンを分泌させ貧血を改善させます。
重症では、患者さんの年齢が45歳未満で身内に白血球型の合った骨髄提供者がいる場合は、骨髄移植が第一選択となります。
それ以外の場合は免疫抑制療法を行います。 骨髄移植が第一選択となるのは、免疫抑制療法を受けた重症患者の約15%が10数年後には白血病や骨髄異形成症候群などの病気になるとの報告があるためです。
かつて重症患者の1年生存率は約30%程度でしたが、これら2つの治療法の進歩のおかげで、生存率は著しく改善し重症患者の約80%が5年以上も生きられるようになりました。



カテゴリ 血液
トピックス 血液って何? ・  貧血
詳細   貧血の種類と治療

▲トップに戻る

<< 病気一覧に戻る

よもぎとは? /よもぎの由来 /よもぎの歴史 /よもぎの逸話 /よもぎの効能 /よもぎの成分 /よもぎ蒸し /よもぎで美容効果 /よもぎでアロマ効果 /よもぎでお灸 /よもぎでアトピー改善 /卵を進化させる発酵よもぎ /薬草の会(村上先生講演会) /現代人がかかりがちな病気一覧